所有機械

アイアンモール ハイパー TP95s ヒューム管φ350〜φ700

tp125s

特徴
掘削トルクを34,300Nm[3,500kg-m](φ500〜700)へと大幅にアップ(従来比約1.3倍)。礫・玉石層など難地盤での抜群の掘削性能を誇ります。カッタヘッドのディスクカッタを大型化することにより、礫破砕能力がアップ。より効率的な推進が可能になりました。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TP90s ヒューム管φ250〜φ700

tp125s

特徴
広範な土質に対応し、豊富な施工実績を誇る汎用機。滞水砂礫層でも容易に推進可能。アイアンモールで実績のある大型ピンチ弁と掘削添加材による泥土圧方式により、優れた切羽安定性を誇り、滞水砂礫玉石層など難地盤での優れた掘削性能を誇ります。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TP80 ヒューム管φ250〜φ700

tp125s

特徴
多種多様な施工条件で、円滑な作業を実現。工法のバリエーションで、広範な土質に適合。N=0〜50、硬質土、滞水砂層安全・確実な掘削土砂の搬送が可能。長距離精度を確保する、高精度レーザーシステム。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール ハイパー TP75SCL φ350〜φ500

tp125s

特徴
φ2.5mライナープレートからヒューム管(φ350〜500,1.2m管)を推進できます。大きな推力(1960kN[200ton])と、掘削・排土独立駆動方式により、推進距離に関係なく一定したトルクを発揮し、長距離推進が可能です。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TP60S ヒューム管φ250〜φ300  塩ビ管φ300〜φ400

tp125s

特徴
φ2mライナープレートより1m管を推進でき、狭い現場でも効率的に推進が行えます。推進装置はスリムな設計で、またコントロールユニットは推進装置の上に置くことができるため、立坑内での作業は容易です。位置と姿勢角を正確に計測し表示。ストロークセンサー付揺動シリンダにより、あらゆる方向および任意の角度に最適な方向修正が行えます。推進速度・カッタ回転数もキー操作で変えられます。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TP50s ヒューム管φ250〜φ300  塩ビ管φ200〜φ400

tp125s

特徴
軟弱地盤はもちろん土丹、滞水砂層など広範囲の土質に対応。 ・大型ピンチ弁と掘削添加材の組合わせにより、滞水砂層でも推進が可能。  さらに0<N≦50の粘性土、砂質土までOK。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TP40SCL 塩ビ管φ200〜φ300

tp125s

特徴
φ1.8mライナープレートより1m管を推進でき、狭い現場でも効率的に推進が行えます。推進装置はスリムな設計で、またコントロールユニットは推進装置の上に置くことができるため、立坑内での作業は容易です。スクリュ排土方式により地上設備が少なく、油圧ユニットはジェネレータの不要なエンジン駆動方式のため、地上の占有面積は小さく、狭い場所でも作業できます。

機械の詳細情報はこちら

アイアンモール TPE40S 塩ビ管φ200〜300

tp125s

特徴
小さい立抗(φ1800)から発信可能 。発信・到達回収時の先導管分割は不要。油圧ユニットは不要。 軽量・コンパクト設計。ワンタッチで推進・戻しが可能。(業界初) リモコンを標準装備。回転数・スピードの制御は自在。

機械の詳細情報はこちら

パイパーC60 塩ビ管φ150〜400

tp125s

特徴
ベースマシンは φ1.5mの立坑に設置可能で、φ1.5mの立坑から0.8mの塩ビ管が推進できます。 φ2.0m立坑用の継ぎベースを接続する事で、管体長1.0mの塩ビ管の推進ができます。補助シリンダーを利用した止水機構により、水頭差4m程度までの滞水砂層では、補助工法を施すことなく施工が可能です。

機械の詳細情報はこちら

Sモール1500 塩ビ管φ200〜300

tp125s

特徴
よりコンパクトに、より高精度に。 φ1500の立坑から、1mのヒューム管を推進 小口径管推進工法の人気機種「スピーダーSR-50s」の機能はそのままに、さらにコンパクトな「Sモール-1500」。ヒューム管をはじめ、あらゆる管の推進を可能にした強力なパワーと限界に挑戦したコンパクトサイズは、他に類をみません。より小さな立坑から高精度に推進して、作業のスピードアップと省力化を実現します。

機械の詳細情報はこちら

SR30FT

tp125s

特徴
よりコンパクトに、よりスピーディーに。 φ1500mmのライナープレートから、1mの塩ビ管を推進。操作・表示系統を集約した操作ボックス1つで遠隔操作が可能なSR-30FT。 推力、回転力、塩ビ管推力をデジタル表示。

機械の詳細情報はこちら

[

SR30KM

tp125s

特徴
スピーダー・イージーモールSR−30KMではメインおよびサブシリンダとも2段伸びの多段ジャッキを採用し、推進ジャッキの盛り返し等の無い1ストローク移動を実現いたしております。この構造により、推進作業スピードの格段の向上が実現いたします。また、油圧シリンダにより上下作動をする押アタッチメント(実用新案登録済)を開発し、狭い立抗内での作業スペースの確保を前提としております。

機械の詳細情報はこちら

SR18S

tp125s

特徴
小さな立坑から高精度推進。 時代に応えた高精度&コンパクト。幅広い土質への対応とコンパクトサイズで人気を集める「スピーダーSR-18s」。下水道工事を取り巻く厳しい条件の中で、特にパワーを発揮します。加えて、優れた推進精度や省力化のメリットも注目の的。全国の小口径管推進工法の現場で、頼もしい活躍を続けています

機械の詳細情報はこちら

SR50S

tp125s

特徴
小口径管推進工法の人気機種「スピーダーSR-18s」をさらにグレードアップした「SR-50s」。ヒューム管をはじめ、あらゆる管の推進を可能にした強力なパワーとSR-18sゆずりのコンパクトサイズが特徴です。小さな立坑から高精度に推進して、作業のスピードアッ プと省力化を実現します。

機械の詳細情報はこちら

MVP1450

tp125s

特徴
ガス管・水道管等の埋設物が多く、立坑内径1450(ライナー1500)でしか施工できない場所にて発信可能の推進機。施工管径は、塩ビ管φ150〜250まで対応可能です。

機械の詳細情報はこちら

KOMATSU アイアンモール

ホウショウ スピーダ

その他推進機

アイアンモールTP40scl-2施工動画